plan

崩れだす足元が啼いて 蠢いている
寂しさが音を立てて近づいてくる

拾う神なんて何処にもいない
捨てる人は捨てるほどいるのに
選択は残酷なまま『拾われる』のを待っている

書けないのなら考えるな
程度の低い感情論など

歩き出した道は足跡だらけで
踏める場所は 既に無い

動き出す騒音が胸を劈く
苦しみを掌で隠して遠ざけていく
いらだちを馬手に罵る神を
結んだ弓手で殴り殺して
汚した両手で何処に捨てよう

できない事を言葉にせず
知識のない持論 哲学など
伸ばした腕は醜い傷跡ばかりで
おどけたまま色を消す

滲みた洋墨の匂い
それで完璧なのか
荒らされた心の奥底に
眠る狂気が疑う

兼ねる人など要らない
本物は自分だけなのだと
悲しい音の消えない傷痕だらけで
小さな痛みが 嗤う