puppet

音を歌う事は僕でもできるよ
奇声の中で音を描く

焔を使い捨てた燈火 それでさえ
雨声の中で色を宿す

死神を連れ回す人々を横目に
僕は此処にいて微かな振動を待っている

疲れる事を忘れて
動く事も眠る事も忘れて
じっと座っている
待っている
その色が僕を宿して
音が僕を描く時を

音を歌う事は誰にもできない
規制の中を風が翔る

剣で切り捨てた生命 それでさえ
雨声の中で熱を燈す

僕を見る白い眼は
どうして排他的なのだろう?
祈り続ける事を忘れて
笑う事も泣く事も忘れて
ずっと踊っている

生きる事すら忘れて
動く事も眠る事も忘れて
ずっと踊っている
待っている
その風が僕を貫き
熱が僕に宿る時を