conclude

張り付けた小さな破片が僕の知らない所を刺して
抉っていく 毀していくの くすんで 汚していくの

破片は何時までも僕の中で
汚れは何時までも僕の外で
弛んでいく 蝕んでいくの 深淵に 誘っていくの

もう 僕は 僕のまま 居られる 事なんて 二度と無い
知っているけど 黙っているのは それを 恐れているからだけで

温かい温度に毒されて僕の知らない所を溶かす
壊していく 殺していくの 濁って 砕けていくの

強がる弱虫は 計り知れない
星の数より 多いかもしれない
僻んでいく 愛していくの 疑心に 陥っているの

何処かの 誰かが 嗤う
何処かの 誰かを 罵る
それでも僕は

もう 僕は 僕のまま 逃げる事すら 二度とできない
知っているけど 黙っているのは それを 信じられないだけで

もう 僕は 僕のまま 倒れる事すら 二度とできない
惨いまま 酷いまま それでも僕は 僕のままで