finish

その 光に 包まれたまま 僕は 時を 訊く
小さな 小さな 瞬間が 優しさに 変わって
その 言葉を 待っている 僕は 声を 見る
小さな 小さな 原因が 恐怖に 縮んで

泣き 喚く 事も せず 温もりを 享受しながら
機械仕掛けの 社会に 囚われる

超えて 超えて 高い 空は 酷く 青い
更に 高く 積もる 気持ちには 気付かない 振り

その 気持ちを 分からないまま 僕は 色に 触れる
小さな 小さな 疑念が 悲哀に 満ちて
その 知識を 知られないまま 僕は 指を 齧る
小さな 小さな 要因が 気楽に 踊って

変わる 変わる 舞う 雲は 酷く 白い
更に 超えて 積もる 気持ちには 素直になれない

超えて 超えて 高い 空は 酷く 青い
更に 超えて 積もる 気持ちには

気持ちには 素直に なれない